スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

市と話し合いを持ちました

午前中に市の放射線対策係と、午後には教育委員会と話し合いを持ちました。
それぞれの内容についてご報告します。

放射線対策係との懇談

はじめに前回の懇談以後の市の経過をお聞きしました。
そこでわかったことは以下の通りです。

  ・走行サーベイによる調査・市政協力員の測定・市の測定をかみ合わせて詳細な汚染マップを作成中
  ・完成は計画より若干遅れ気味
  ・国との調整に時間がかかっているが、3月中旬には完成させたい
  ・国の航空モニタリング調査では市の一部しか除染対象にならないが、市は全体を対象としたい
  ・国は500㍍メッシュで計測すべきとしているが、市は地区単位に細かく測定している
  ・農地は除染の対象外だが、住宅地はなんとしても除染の対象に入れたい
  ・県立学校・事業所・国や県の施設などをどのように除染計画に組み入れるか検討中
  ・URの管理地の除染は市が行うのではなく、URが行う

当会からは、土壌の汚染調査(ベクレル)が必要ではないか との問題提起をしました。
それに対する回答は、人間がどのくらい影響を受けるかが問題なので、人への影響をあらわすシーベルトの調査をしており、現段階で土壌の調査の計画はないとのことでした。

汚染物質の処分については国が責任を持つよう国に対して要望していることが分かりました。これは放射能の測定値が高い自治体の長が合同で要望しています。国からの責任ある回答は得られていないようです。


市との懇談を終えた頃、雪が強く降って来ました。予想外の雪の中教育委員会のある藤代庁舎に向かいました。午前中は5名の参加でしたが、雪の影響で午後の参加者は3名となりました。

教育委員会との懇談
教育委員会では教育部長ほか5名が参加してくれました。当会と教育委員会との懇談は今回が初めてです。こちらが提出した陳情書に基づいて話し合いを進めました。

懇談の中でわかってきたこと・教育委員会の対応は

  ・各学校の校庭を細かく測定したのは、除染前の1回のみ。
   その後も学校の要望に応じて時々測定しているが、計画的継続的ではない
  ・学校が測定するための測定器は教育委員会で4台所有している。
   その4台を必要なところに回しているが、今のところこれで間に合っている
  ・学校内にあるミニホットスポットは除染に務めているが、除染前には近づかないよう教師が指導している
  ・放射線の高いところは表示すべきという当会の意見には明確な答弁がなかった
  ・教職員の研修をもとめた件については、現在までの講演会などに参加させたという答弁だった


高い放射線の区域で生きていかなければならない子どもたちに、生きていく知恵を授けるためしっかりした教育が必要であると当会から提案しました。

そのほか、子供たちの健康調査・ホールボディカウンターによる検査の実施などを要望しました。特に南相馬市から取手市に避難してきている子どもに対しては、東海村の日本原子力開発機構が所有しているホールボディカウンターの利用ができるよう、市として要望してくれるよう求めました。

教育委員会に提出した陳情書


                                         2012年2月29日
取手市教育委員会  
教育委員長 幸田 隆男 殿

     放射能除染基本計画の策定と実施にあたり小中学校での必要な放射線対策をもとめる陳情書

                                    放射能NO! ネットワーク取手
                                            代表 本木洋子


 福島原発事故以来、約1年を経過し、ようやく取手市の放射能除染基本計画が立てられ実施にうつされようとしています。県内で最も高い汚染を受け、多くの父母の不安の声を聞きながら、この間の取手市の学校現場での対策は極めて消極的で、最低限の措置しか取られていません。この原因はもちろん第一に国と文部科学省にありますが、しかし直接子どもたちの健康に責任を持つ取手市教育委員会として、国の特別措置法の施行などにあたり、直ちに必要な措置を取ることがもとめられます。
 この見地から次の対策をただちに取るよう陳情します。

陳情項目
1、各小中学校に放射線測定器を配置し、校内と通学路を細かく測定し、汚染の高い箇所には、
  子どもたちが近づかないよう表示をするなどの措置をとり、ただちに除染するよう市に求めること。
2、取手市として、放射能について最低限必要な知識、注意事項を書いた市独自の副読本をつくり、
  子どもたちに配布するとともに、教職員への必要な研修を行うこと。
3、食品の放射線規制値が新年度から変わることに対応し、新基準にそった学校給食の検査ができる検査機器を
  取手市として購入するよう市に求めること。
4、被ばく線量の実態を測定するため、教職員が累積線量計を付けるなどの措置をとること。
5、全児童の健康調査が実施されるよう、取手市と茨城県に求めること。



スポンサーサイト

教育委員会に陳情書を提出しました

2012年2月29日
取手市教育委員会  

教育委員長     殿

放射能除染基本計画の策定と実施にあたり
小中学校での必要な放射線対策をもとめる陳情書

放射能NO! ネットワーク取手
代表 本木洋子
メール・toride.nt.311@gmail.com


  福島原発事故以来、約1年を経過し、ようやく取手市の放射能除染基本計画が立てられ実施にうつされようとしています。県内で最も高い汚染を受け、多くの父母の不安の声を聞きながら、この間の取手市の学校現場での対策は極めて最低限の必要な措置も取られていない状態にとどまっています。この原因はもちろん第一に国と文部科学省にありますが、しかし直接子どもたちの健康に責任を持つ取手市教育委員会として、国の特別措置法の施行などにあたり、直ちに必要な措置を取ることがもとめられます。

 この見地から次の対策をただちに取るよう陳情します。


陳情項目

1、各小中学校に放射線測定器を配置し、校内と通学路を細かく測定し、汚染の高い箇所には、子どもたちが近づかないよう表示をするなどの措置をとり、ただちに除染するよう市に求めること。

2、取手市として、放射能について最低限必要な知識、注意事項を書いた市独自の副読本をつくり、子どもたちに配布するとともに、教職員への必要な研修を行うこと。

3、食品の放射線規制値が新年度から変わることに対応し、新基準にそった学校給食の検査ができる検査機器を取手市として購入すること。

4、被ばく線量の実態を測定するため、教職員が累積線量計を付けるなどの措置をとること。

5、全児童の健康調査が実施されるよう、取手市と茨城県にもとめること。
以上

ゴミ処理場 常総環境センターに行ってきました

放射能でゴミ処理が重大事態
常総環境センターを現地視察
2月22日、放射能NO!ネットワーク取手事務局など7人で取手市、守谷市、つくばみらい市、常総市のごみを処理している常総環境センターを訪問し、放射能汚染対策の現状をお聞きしました。
4市とも、放射能特措法の指定をうける汚染地域のため焼却灰から高い放射能が検出されています。排ガス、排水からは不検出となっています。

主灰(燃えカス)は基準値以下のため業者委託で処理されています(行き先でどうなっているのか心配ですが)。飛灰(集塵機で集めたダスト)は国の暫定基準値8000ベクレルを超えているため昨年7月の測定開始以来771.8トン、ドラム缶3,539本が施設内と老人福祉センター敷地内に保管されています。今年に入って、基準値を下回りました。(環境センター焼却灰の放射能測定値は別表)

基準値を超えたものについては、国が処理の責任を持つことになっていますが、進展はありません。このままでは3月中にも保管場所がいっぱいになる可能性があります。ゴミ処理を止めないために、センターでは各市で設置が予定されている放射線除染土などの「仮置き場」に引き取ってもらうことを期待していますが、見通しは立っていません。ゴミの減量などで出来るだけ量を減らし、引き伸ばすことに努めているのが現状です。

説明を聞いたのち、ドラム缶詰めにした飛灰の保管場所を見学しました。入口は鉛版、周囲は鉄板で囲ってあります。鉄板の外側は0.2マイクロシーベルト程度でした。

センターの方には親切な説明と案内をしていただきました。ありがとうございました。
おそるおそるドラム缶に近寄り撮影したり、見通しの見えない状況がわかったり、大変な現地視察でした。(Y.M)


常総環境センター



• 常総環境センター焼却飛灰の放射能濃度測定結果について
(環境センター追加調査 平成24年2月3日 第9報)
平成23年7月15日に茨城県から示された常総環境センターの焼却灰等の放射能濃度測定結果において、国の暫定基準値を超えた飛灰について、当センターでは再度放射能濃度測定を実施しました。結果は以下のとおりで、国の暫定基準値を超えています。このため、引き続き環境省から示された基準に基づき取扱うとともに、定期的に測定を実施し、公表していきます。

常総環境センターの焼却灰等の放射能濃度測定結果





事務局会議

19日に学校の先生を招いて話し合いをしました。
学校では特に先生への放射能対策の指導は無いようで、
学校教育における放射能問題の取り扱いは校長先生次第のようです。
話し合いの結果出た意見は
・学校に測定器を購入してほしい
・教師に放射能の研修を行う事
・通学路の除染を行う事
・食品の新基準に給食は対応出来るのか?
などが出ましたが今後の予定としては
★★★教育委員会に陳情書を出そう!★★★
という事になりました。(S.T)

ゴミ処理施設 常総環境センターの見学

ゴミ処理施設 常総環境センターに見学に行きます
2月22日(水曜日)午後から10名で予約していますが
一緒に見学したい方がいらっしゃいましたらご連絡下さい。
プロフィールにメールアドレスが載っております。(S.T)

2月11日の測定 藤代庁舎・他

藤代庁舎前の「水と緑と祭りの広場」その他の測定結果です。
0.23μSv前後で思ったより低いと感じましたが、よくよく考えると
充分高い数値です!(他が高すぎて感覚が鈍っています)
「水と緑と祭りの広場」ですが今後除染の予定は無いそうです。(S.T)


測定結果

福島避難者こども健康相談会 in 亀戸、国分寺

◇福島避難者こども健康相談会 in 亀戸、国分寺同時開催のお知らせ

  日時:2012年2月19日(日) AM 10:00~ PM3:00
  会場:Α. ひらの亀戸ひまわり診療所(亀戸駅から徒歩5分)
     В.国分寺労政会館(国分寺駅から徒歩3分)
  対象:福島県から避難されたお子様、各会場50家族。事前申し込み制。

  ○参加無料!相談無料!茶話会、手品、音遊び、絵本などイベント多数
  予定!からだのこと、こころのこと、気になることを相談して、
  これまでのことこれからのこと、みんなで話しませんか?周りに福島
  から避難されている方がいましたら、ぜひ伝えて下さい。
  ○お申し込み方法:
  「福島避難者こども健康相談会web 申し込みフォーム」上、
  または「つながろう!放射能から避難したママネット」のブログ上にて
  お願い致します。 http://ameblo.jp/hinan-mama-net/  ○5月から6回にわたり、福島県で子どもの健康相談会を開いて来た
  小児科医医師団による健康相談会です。避難者同士が交流できる茶話会や、
  子どもが楽しめるワークショップなども行います♪
  お気軽にご参加下さい♪

  主催・お問い合わせ先:
   福島避難者こども健康相談会実行委員会事務局
   

大飯「妥当」審査書提出に井野・後藤委員が抗議の緊急声明

2012 年2 月13 日
関西電力大飯3・4 号機ストレステスト審査書提出に抗議する緊急声明
ストレステスト意見聴取会委員
井野博満・後藤政志
原子力安全・保安院は、本日、関西電力大飯原発3・4号機の一次評価を「妥当」と
する審査書を原子力安全委員会に提出しました。私たちは、このような拙速なやり方は、
とうてい認められません。
2 月8 日の第8回意見聴取会では、様々な技術的な課題が残されていることが明らか
になりました。原子力安全・保安院も、その場で議論を終了するとは明言しませんでし
た。当然、継続審議となると思いました。審査書が原子力安全委員会に提出されたこと
に対して意見聴取会の委員として抗議します。
ストレステスト意見聴取会では、徹底して議論を尽くすことが、国民に対する原子力
安全・保安院の責務です。次のような根本的な問題が残っています。
(1)判断基準について、保安院は「福島第一原子力発電所を襲ったような地震・津
波が来襲しても同原子力発電所のような状況にならないことを技術的に確認す
る」としています。しかし、津波の想定は11.4 メートルで、福島事故の14 メー
トルよりも低くなっています。そもそも、福島事故は収束しておらず、原因もわ
からない状態です。
(2)評価の対象、基準の適用について以下の技術的な疑問があります。
① 制御棒の挿入性を検討の対象から外しています。
② 基礎ボルトなど機器の強度については、安全率を削って評価しています。
③ 原子炉建屋などの構造強度に関わる許容値について、耐震バックチェックの基
準より甘い許容値を適用することを認めています。
④ 本来の設備は福島原発事故前から改善せず、消防車や非常発電装置などの外部
仮設設備だけで安全だとしています。
(3)ストレステストは、過酷事故対策の検証を含めた二次評価と合わせて評価しな
ければ、地域住民が安全性を判断する上では意味がありません。電力事業者は、
原子力安全・保安院の指示により、これを2011 年末を目処に提出するはずでし
たが、関西電力は二次評価結果を未だに提出していません。
原子力安全・保安院が、現時点で「妥当」としたことは、はじめに再稼働ありきの見
切り発車と言わざるを得ません。このような姿勢こそが、福島原発事故を招いた要因で
す。このように原子力安全・保安院は、規制当局としての役割を十分に果たしていませ
ん。まずすべきことは、自らのありようについて根本的な反省をすることです。
本日の審査書の提出は、「安全性に関する総合的評価」とされるストレステスト評価
の体をなしていません。
以上

りとる福島

今日ある雑誌で「りとる福島」という団体を知った。

山形県に自主避難している人たちで構成されているという。
主に母親たちの相談や茶話会、勉強会など様々なイベントの企画をてがけていて
代表の佐藤さんは山形の方で、原発事故直後に福島の避難者を自宅に泊めたのを
きっかけにこの活動を始め、現在まで母親ら約180人の「自主避難者」の
メーリングリストを管理しコミュニケーションを維持して孤立しがちな彼女たちが
バラバラにならないように毎日奔走されているそうだ。

その佐藤さんは言う、「彼女たちは市井の人々でありながら原発事故後に
ばらまかれた「安全」という嘘をじぶんで見抜き、そして自らの意思で行動したのです。
「お上」に従順で自己主張がタブーな東北の風土からすれば大変なこと。
それを考えたら離れ離れにならない限り彼女たちの今後の活動に、僕はこの国の
民主主義や変革に向けた何かの希望を託せるのではないかと信じている」と。

福島県の調査では「自主避難者」の数は約6万人にのぼり、うち隣県の山形県が
約1万3000人と最も多いとある。
取手市にはどれくらい避難してきている方がいるのだろう
何かお手伝い出来ればと思う。
しかし取手は避難先として適切かどうか疑問も残る。 (S.T)


http://littlefukushima.blogspot.com/

放射能測定をしました

今日午後から市内の放射能測定をしました。
主な目的は3月11日行われる「ゆめあかり」の会場となる藤代庁舎前の「水とみどりと祭りの広場」の測定です。
このイベントを主催する「ゆめまっぷの会」のチラシを見て、当会もお手伝いをしようかという話になり、
とりあえず放射能測定をしてから決めようということになって実施したのです。

階段状の部分を数カ所測定しましたが、特別高いというところはありませんでした。
ほとんどの所が0.23μSv前後でした。
イベントをするに当たって特に問題になるというほどの数値ではないと考えます。

プロフィール

放射能NO!ネットワーク取手

Author:放射能NO!ネットワーク取手
取手は茨城県内でもホットスポットと呼ばれる放射能が非常に高い地域。
少しでも安心して暮らせる街を取り戻すため。市民レベルで立ち上がり、放射能汚染に立ち向かう活動をしています。

代表 本木洋子(児童文学作家)
事務局長 小泉眞理子(元取手市議)

顧問 久保田 護 氏 
(茨城大学名誉教授)
   青柳 長紀 氏 
(元日本原子力研究所研究員)
 
toride.nt.311アットgmail.com
※メールを送るときはアットを@に変換して下さい

カレンダー
01 | 2012/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 - - -
最新記事
カテゴリ
カウンター
リンク
最新トラックバック
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。