スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なぜぼくらはおいていかれたの

3月11日発売予定の絵本「けいかいくいき ぶたまるさんがいく」がもうすぐ完成します。ぶたまるさんは実在の人物で、東日本大震災の被災動物を救うため福島に移住して、「にゃんだーガード」という動物のシェルターをやっている人です。沢山の動物を保護しています。そのぶたまるさんをモデルとした絵本です。

 先日絵本の完成版を見せてもらいましたが、坂本さんの絵がとても素晴らしいです。福島の現地に行って撮ってきた写真を加工したものだそうです。とりあえず1000部作っていますが、多くの方に読んでいただきたいと思います。日本の動物行政がいかに貧困であるか考えていただきたいのです。メールでも予約を受け付けていますので、関心を持たれた方は下記へ申し込んでいただければ会としてはとても助かります。(M.K)





マオアキラ kaze-sk◎zebra.odn.ne.jp (◎を@に変えてメールで申し込んでください。)

定価1200円+送料が必要です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

放射能NO!ネットワーク取手

Author:放射能NO!ネットワーク取手
取手は茨城県内でもホットスポットと呼ばれる放射能が非常に高い地域。
少しでも安心して暮らせる街を取り戻すため。市民レベルで立ち上がり、放射能汚染に立ち向かう活動をしています。

代表 本木洋子(児童文学作家)
事務局長 小泉眞理子(元取手市議)

顧問 久保田 護 氏 
(茨城大学名誉教授)
   青柳 長紀 氏 
(元日本原子力研究所研究員)
 
toride.nt.311アットgmail.com
※メールを送るときはアットを@に変換して下さい

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
カテゴリ
カウンター
リンク
最新トラックバック
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。