スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東電に賠償請求してみた③

【5月9日付けで原子力損害賠償紛争解決センター(ADR)から文書が来ました。】
内容はおおまかに以下の2点の事が書いてありました。

★仲介委員が決まりました。(仲介委員1名・担当調査官1名)
★東京電力から直送される答弁書において、東電から追加の説明や資料の
 提出が求められる事がありますがただちに求めに応じず、ADRからの連絡を
 お待ちください。

担当の調査官の連絡先がかいてありましたので電話してみました。
結構おおざっぱに請求金額を書いたので、もう少し細かく書いた方が
良いかも、レシートが無くても機械の説明書や検査結果のコピーでもでもよい
など教えてもらい、追加の資料を送ります。

【5月14日に東京電力から答弁書が来ました。】

★茨城県取手市は政府から避難指示の有った対象地域では無い
★居住地域から850メートルに有る小学校の線量は3.8μ㏜/H
 よりもはるかに低い
以上を踏まえると申立人の避難行動に合理性を認め難く、本件事故と自主的
避難に関するご請求金額との間に相当因果関係は認められないものと思料致します。

という内容で・・・その後も【被申立人主張書面】答弁書を要約したようなもの
が送られてきました。

【6月19日に原子力損害賠償紛争解決センターから電話が来ました。】
内容は・・・
今回の件は法律的に賠償は難しいので斡旋案は出せない、との事。
選択肢は二つ有って、申し立てを取り下げるか、ADRから斡旋案は
出せないという文書が送られてくるのを待つかしかないけれども
どうしますか?と言われたので、どうするかちょっと考えてみます
と答えておいた。別に取り下げる必要はこちらには全く無いと思うのだが。
さて次はどうするかな(S.T)
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

放射能NO!ネットワーク取手

Author:放射能NO!ネットワーク取手
取手は茨城県内でもホットスポットと呼ばれる放射能が非常に高い地域。
少しでも安心して暮らせる街を取り戻すため。市民レベルで立ち上がり、放射能汚染に立ち向かう活動をしています。

代表 本木洋子(児童文学作家)
事務局長 小泉眞理子(元取手市議)

顧問 久保田 護 氏 
(茨城大学名誉教授)
   青柳 長紀 氏 
(元日本原子力研究所研究員)
 
toride.nt.311アットgmail.com
※メールを送るときはアットを@に変換して下さい

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
カテゴリ
カウンター
リンク
最新トラックバック
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。