スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

12月19日提出の要望書と市の回答

取手市長 藤井信吾 殿                             
2011年12月19日         
放射能NO!ネットワーク取手
 代表  本木 洋子           
放射能から市民の命と暮らしをまもるため万全の対策を求める要望書

 私たちは福島原発事故によって県内で最も高い放射能汚染を受けることになった取手市の市民として、自分と家族はもとより地域の友人知人、近隣の人々あらゆる命と暮らしをこの人災から守るために結成した団体です。
 私たちはそのために立場の違いを超えてあらゆる人々が連帯のネットワークを築き、力を合わせて安心して暮らし子育てできる取手市を取り戻すことをめざしています。
 つきましては「放射能汚染特別措置法」の施行に伴い、取手市が放射能除染の基本計画を策定するにあたり、以下の点について取手市長として万全の対策をとるよう申し入れるものです。 

                     記
 
1. 道路、側溝を含め市の公有施設すべてを細かく測定して市民に公表し放射線管理区域の地表測定でレベル0.6マイク  ロ   シーベルトを超える放射線を測定した箇所はただちに危険を表示し除染すること。ストロンチウムも  測定すること。

2. 市内の側溝の汚泥をすべて取り除く措置をとること。

3. 除染で取り除いた土、汚泥などの仮置き場を市の責任で早急に設置すること。そのために国の協力と責任を求めること。

4. 市内の大企業と公団や鉄道施設、県道、国道などでの測定除染について、市の公有地と同様の措置が取られるよう要請し、実施結果の報告を求めること。

5. ゴミ焼却施設からの二次汚染を防ぐため排出ガスなどの放射線測定を行い、必要な改善措置をとること。

6. 食品の放射線測定機を増設するとともに政府に食品に含まれる放射性物質の基準値を厳しくするよう要望すること。

7. 子どもの将来にわたる健康被害を予防するため、問診・健康行動記録票をすべての子どもに配布し、必要に応じて尿検査、ホールボディカウンターでの検査を行うこと。

8. 取手市内にホールボディカウンターで検査できる施設ができるよう医療機関と協議し、必要な財政措置をとること。

市の回答
1. 現在、市内の小中学校、保育所、幼稚園、公園等の公共施設100箇所について、毎月2回の空間放射線量の測定を行い結果を公表しております。
放射能汚染対処特措法基本方針で示された、追加被ばく線量を年間1ミルシーベルト以下、時間に換算すると毎時0.23マイクロシーベルト以下を目標値として、現在策定作業中の除染実施計画に基づき除染してまいります。
 ストロンチウムの測定につきましては、文部科学省において、空間放射線率が毎時0.2マイクロシーベルト以上の地域を対象に、ゲルマニウム半導体検出器を用いた測定を12月初旬から実施しております。取手市内でも2箇所程度を予定しており、年度内には結果がまとまる予定です。

2. 現在策定作業中の放射性物質汚染対処特措法の除染実施計画に基づき、実施したいと考えております。

3. 除染に伴い発生する汚染土壌等の取り扱いにつきましては、放射性物質汚染対処特措法及び関係省令に基づき仮置き場を設置し、適切に管理するものとします。

4. 現在策定作業中の放射性物質汚染対処特措法の除染実施計画に基づき実施したいと考えております。

5. 常総環境センターの飛灰から高濃度のセシウムが検出され、現在焼却施設内外に一時保管しているところです。焼却による廃棄ガス、排水については、測定を行いホームページで公表しております。また、必要な改善措置をとることを求めていきます。

6. 食品の放射線測定機につきましては、今後さらに消費者庁へ増設貸与の申請を行うとともに、来年度国の基金を利用しての購入についても申し入れをしているところです。
 また、基準値につきましては、国が現在の暫定基準値の見直しをしているところであり、その結果を待っているところです。

7.8 放射能による健康被害を予防するための各種検査につきましては、福島県においては、福島県立医科大学が中心となり広域的に、さらには、長期的視点で県民の健康調査をしております。
 取手市においても、取手市単独で行うのではなく、長期的な調査及び広域的な視点から、県単位で検査等を実施することが疫学的な見地からも適切なものと考えておりますので、茨城県民を対象とした健康調査の実施を県に要望しております。


スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

放射能NO!ネットワーク取手

Author:放射能NO!ネットワーク取手
取手は茨城県内でもホットスポットと呼ばれる放射能が非常に高い地域。
少しでも安心して暮らせる街を取り戻すため。市民レベルで立ち上がり、放射能汚染に立ち向かう活動をしています。

代表 本木洋子(児童文学作家)
事務局長 小泉眞理子(元取手市議)

顧問 久保田 護 氏 
(茨城大学名誉教授)
   青柳 長紀 氏 
(元日本原子力研究所研究員)
 
toride.nt.311アットgmail.com
※メールを送るときはアットを@に変換して下さい

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
カテゴリ
カウンター
リンク
最新トラックバック
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。