スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東海第二原発の再稼働断念を求める請願署名にご協力を

 「放射能NO!ネットワーク取手」では、今「東海第二原発の再稼働断念を求める請願」に取り組んでいます。この請願は茨城県議会の9月定例会に提出致します。

 東海第二原発は営業運転開始から既に35年を経過しており老朽化している原発です。原発の寿命は40年と言われているのですから、今から再稼働させても動かせる年限は数年ということです。それにもかかわらず日本原電は再稼働を目指した準備をすすめ、周辺自治体への説明会も既に終了しています。東海第二原発から30キロ圏には100万人近い住民が生活しており、いざ事故が発生した場合の避難計画も出来ていません。また、東海第二原発の近くには使用済み核燃料再処理施設があり、万一事故が起きたらその被害は計り知れないのです。それなのに原電は国に対して再稼働のための適合審査を申請し、7月4日から東海村の住民を対象に説明会を開こうとしています。

 福島第一原発事故の収束は目処さえ立たず、責任の所在も明らかになっていません。そのような中で東海第二原発の再稼働などもってのほかです。そこで茨城県議会の9月定例会に向けて再稼働の断念を求める請願を行うことにしました。以下の資料をご覧になった上で請願にご協力をお願い致します。県議会を動かすために10万筆の署名を集める計画ですが、達成には多くの皆さまのご協力が必要です。ご協力頂ける場合は署名用紙をダウンロードして使用してください。お手数をおかけして申し訳ございませんが、出来ました署名簿は下記へお送りくださいますようお願い致します。

請願書
説明用チラシ表
説明用チラシ裏

署名簿送付先 300-1532 茨城県取手市谷中520 小泉眞理子
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

放射能NO!ネットワーク取手

Author:放射能NO!ネットワーク取手
取手は茨城県内でもホットスポットと呼ばれる放射能が非常に高い地域。
少しでも安心して暮らせる街を取り戻すため。市民レベルで立ち上がり、放射能汚染に立ち向かう活動をしています。

代表 本木洋子(児童文学作家)
事務局長 小泉眞理子(元取手市議)

顧問 久保田 護 氏 
(茨城大学名誉教授)
   青柳 長紀 氏 
(元日本原子力研究所研究員)
 
toride.nt.311アットgmail.com
※メールを送るときはアットを@に変換して下さい

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
カテゴリ
カウンター
リンク
最新トラックバック
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。