スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

県議選アンケートまとめ

県議選アンケートのまとめです。受付順の掲載だけだと早く受け付けた方の記事が見にくくなってしまうため、一覧表示にして掲載します。なお、中村修氏、谷口治氏からは回答がありませんでした。

1.「東京電力原子力事故により被災した子どもをはじめとする住民等の生活を守り支えるための被災者の生活支援等に関する施策の推進に関する法律」の実施状況についてどう考えていますか。何を求めて活動しますか。

上野高志氏 
 国が支援対象地域と准支援対象地域を放射能の測定によらない基準で分け、取手市をふくめ、事故発生時に高い放射能汚染を受けた地域を支援対象地域から外したことは「支援法」に反するものです。しかも、すべての地域で、子どもの健康調査、生活支援などはきわめて不十分で事実上放置され、多くの被災者の生活・家庭崩壊をまねいています。放射能による被害が健康、生活、地域環境の面で長期にわたり、しかも特定の困難な影響を与えることを考えるならば、国と自治体は支援法を全面的に実施する立場に立つ必用があります。引き続き、「支援法」の全面実施を強く求め活動します。

川口政弥氏
 無回答

細谷典男氏
 親元を離れての生活を余儀なくされることも想定されます。地方議員としては生活・教育など環境を整備していく役割を果たし、子供たちの「被爆しない権利」を保証していく方策を考えていきたいとおもいます。健康調査は必要です。

小嶋吉浩氏
 無回答

竹原大蔵氏
 第一に、第一条(目的)で「放射線の健康に及ぼす危険が科学的に解明されていない」ことを認めている以上、支援対象地域の撤廃を。
 第二に、国の責務である以上、被災者が常時相談のできる国の機関は多く設けるべき。


2.私たちは、放射能汚染の調査と対策を引き続き行い、河川・湖沼・海についても適切に調査し対策をとることを求めていますがどう考えていますか。

上野高志氏
 国の基準に基づく除染活動にもかかわらず、多くの地域が追加被ばく線量年間1ミリシーベルトを超える状況でのこされています。また、取手市など除染を終了した地域でも、マイクロスポットや再度基準を超えた地点があります。国と東京電力は調査、除染、補償のすべてについての責任を最後まで果たすべきです。再除染には、補助を出さないなどの国の対応は許せません。県と自治体は国に引き続き責任の遂行を求めつつ、調査、除染を住民の求めに応じて行うべきです。また、霞ヶ浦や茨城周辺海域などの放射能測定は当初からきわめて不十分であり、福島原発からの放射能流出が止まらない現状の中で、測定、監視の体制を国、県でさらに強化すべきです。

川口政弥氏
 現在も高放射性廃液を福島原発から放流している事を考えれば、魚等の放射性物質の検査は定期的に行うべき。
又、川や湖沼に流れ込んでいるであろう放射性物質の検査も必用。

細谷典男氏
 調査は行うべきだと考えます。これからますます河川、海洋汚染は深刻になると思います。風評被害ではなく実害であることを強く訴えています。

小嶋吉浩氏
 無回答

竹原大蔵氏
 継続いただき感謝しております。

○調査について
すべての情報を公開し続け、国民すべてが現状を知ることのできる発信を。

○対策について
元を正すことが拡大させない最大の対策。
 世界中から多額の損害賠償請求が来る可能性もあることを念頭に置くべき。

3.私たちは、東海第2原発は廃炉にすべきだと要望していますが、東海原発の再稼働についてどう考えていますか。

上野高志氏
 安全性や核廃棄物の処理を考えるなら、すべての原発は再稼働を許さず、廃炉にすべきです。まして、東海第2原発は、老朽化、耐震性、安全性、避難しきれない周辺人口などすべての面で危険な原発であり、人道的にも、再稼働は認められません。原発の再稼働をやめ、再生可能エネルギーへの転換などの必用な措置をただちに取ることこそ、日本の社会と経済の再生にいま求められる政策です。

川口政弥氏
 平成24年12月議会で一般質問しました。
・東海第2原発は稼働開始から35年が経過している事
・30キロ圏内には原発立地地域で国内最多の94万人が住んでいる事
・首都圏に極めて近い事
以上から考えても廃炉が妥当。

細谷典男氏
 東海第2原発の再稼働に反対します。

小嶋吉浩氏
 東海第二原発の再稼働には反対です。老朽化しすぎており、かつ周辺住民が多いため避難することが物理的に不可能です。

竹原大蔵氏
 再稼働反対
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

放射能NO!ネットワーク取手

Author:放射能NO!ネットワーク取手
取手は茨城県内でもホットスポットと呼ばれる放射能が非常に高い地域。
少しでも安心して暮らせる街を取り戻すため。市民レベルで立ち上がり、放射能汚染に立ち向かう活動をしています。

代表 本木洋子(児童文学作家)
事務局長 小泉眞理子(元取手市議)

顧問 久保田 護 氏 
(茨城大学名誉教授)
   青柳 長紀 氏 
(元日本原子力研究所研究員)
 
toride.nt.311アットgmail.com
※メールを送るときはアットを@に変換して下さい

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
カテゴリ
カウンター
リンク
最新トラックバック
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。