スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さよなら原発4・1大集会in茨城

4/1に東海原発の近くの笠松運動公園で「さよなら原発集会」が開かれました。
群馬県や栃木県、東京などからも参加して3000人が集まりました。

実行委員長は茨城大学の田村武夫名誉教授
政党(共産党、みんなの党)・団体・福島から避難をしてきている方、農家の方
のスピーチがあり、取手のメンバーも赤ちゃんを背負ってスピーチをしました。
そのほかにも東海村の村上達也村長、福島県浪江町の馬場有町長などからの
メッセージが有り、最後に脱原発弁護団の弁護士海渡雄一さんから法律的に
原発をなくす解説がありました。

41集会

JCO事故の当時の話を聞き、なぜあんな事故が起こったのに福一が爆発するまで
原発に無関心でいられたのでろうか今更ながら不思議に思います。
第五福竜丸やスリーマイル島の事故、チェルノブイリ事故やJCOの臨界事故、
今思うと福一を爆発させないチャンスは何度もあったのに全く活かせませんでした。
せめて今は被害を最小限にとどめる努力をするしかありません。

参加したメンバーは本木代表,そのほかおとな3名、新1年生と
乳児2人の計7名でした。
私は反原発集会初参加でしたが、天気も良く、本木代表に用意して頂いた
手作り弁当を食べながらの実にのんびりしたピクニックのような集会でした。
最近は原発問題に関心のある人と無い人の差がかなり広がっています。
なので楽しく参加できる集会が有るとどんな人も参加しやすくて
良いのではないでしょうか。 (S.T)

http://anic.sub.jp/home/message/
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

放射能NO!ネットワーク取手

Author:放射能NO!ネットワーク取手
取手は茨城県内でもホットスポットと呼ばれる放射能が非常に高い地域。
少しでも安心して暮らせる街を取り戻すため。市民レベルで立ち上がり、放射能汚染に立ち向かう活動をしています。

代表 本木洋子(児童文学作家)
事務局長 小泉眞理子(元取手市議)

顧問 久保田 護 氏 
(茨城大学名誉教授)
   青柳 長紀 氏 
(元日本原子力研究所研究員)
 
toride.nt.311アットgmail.com
※メールを送るときはアットを@に変換して下さい

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
カテゴリ
カウンター
リンク
最新トラックバック
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。