スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

教育委員会に提出した陳情書の回答が来ました!

2月29日に教育委員会に提出した陳情書の回答が来ました

1.各小中学校に放射線測定器を配置し、校内と通学路を細かく測定し、汚染の高い
  個所には子どもたちが近づかないよう表示をするなどの措置をとり、ただちに除染
  するよう市に求めること。

回答 - 不採択 -

2.取手市として放射能について最低限必要な知識、注意事項を書いた市独自の副読本
  をつくり、子供たちに配布するとともに、教職員への必要な研修を行う事。

回答 - 不採択 -

3.食品の放射線規制値が新年度から変わることに対応し、新基準に沿った学校給食の
  検査が出来る検査機器を取手市として購入するよう市に求めること。

回答 - 趣旨採択 -

4.被ばく線量の実態を測定するため、教職員が累積線量計を付けるなどの措置をとること。

回答 - 不採択 -

5.全児童の健康調査が実施されるよう取手市と茨城県に求めること。

回答 - 趣旨採択 -


不採択と趣旨採択(よく意味がわからない)しか書かれていません、これでは
よくわからないので、私たちが陳情を出してから今回の回答があるまでの間に行われた
教育委員会の会議録を開示請求してみようと思います。
教育委員会に行って、条例に基づかなくても会議録をもらえるかどうか聞いてみて
ダメなら開示請求をします。

情報開示請求は取手市民に限らず、誰でもできます。
情報管理課に行って、必要書類に記入するだけです。印鑑もいりません。

開示決定までには最大2週間かかりますが、市の所有するかなりの文書が開示されます。
文書の開示方法は閲覧とコピーの2種類あり、閲覧は無料ですが
コピーを受け取る場合は1枚10円です。

文書が開示されない場合もありますが、不服であれば不服審査を行うことが出来ます。
情報公開審査委員会(市の職員ではありません)が不服審査を行い、そこで開示決定が
出れば市は開示しなければなりません。

誰でもできるツールですので、何か知りたいことがあれば、
どんどん利用するのが良いと思います。


教育委員会に提出した陳情書



スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

放射能NO!ネットワーク取手

Author:放射能NO!ネットワーク取手
取手は茨城県内でもホットスポットと呼ばれる放射能が非常に高い地域。
少しでも安心して暮らせる街を取り戻すため。市民レベルで立ち上がり、放射能汚染に立ち向かう活動をしています。

代表 本木洋子(児童文学作家)
事務局長 小泉眞理子(元取手市議)

顧問 久保田 護 氏 
(茨城大学名誉教授)
   青柳 長紀 氏 
(元日本原子力研究所研究員)
 
toride.nt.311アットgmail.com
※メールを送るときはアットを@に変換して下さい

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
カテゴリ
カウンター
リンク
最新トラックバック
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。