スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

甲状腺機能検査

今日は甲状腺機能検査と血液検査の結果を聞きに行ってきました。
結果は甲状腺は異常無し!血液検査も大丈夫でまずは安心です。

病院の名前は「手賀の杜クリニック」
土曜日に甲状腺検査・血液検査をしており、月1回放射能と健康被害に
ついてのお話し会をしています。
検査・診察をして頂いた先生のお名前は平和台病院の志賀元先生です。
今日はお話し会の日だったので参加させてもらいました。

今年の5月から甲状腺機能検査を始めたそうで、細胞が放射線を浴びると
どうして悪いのかという話にはじまり、のう胞が見つかっても1度の検査では
判断できないので再検査をした方が良い、なぜ1年に一度検査をした方が良いのか、
超音波検査は検査を行う人によってその人の主観が入るので結構な違いが出る、
などとても興味深いお話でした。
特に実際に診察をしていて食べ物に気を付けている親の子ほど鉄分が
不足して貧血になっている子が多いというお話には、放射能だけ気に
していてはいけないんだと改めて思いました。
その他にも子どもは皆と違う事をする事にとても大きなストレスを感じるので
放射能被ばくの心配だけでなくそのあたりの事も考えてやらなくては
いけないのではないかというお話もありました。

私の日本ではチェルノブイリと違って経済状況が違うので野菜も果物も
手に入れやすいし、産地も選べるのでチェルノブイリの様にはもしかしてならない
のでは?との質問には、「何の根拠も無い楽観的な情報を信じて暮らすよりも最悪な事態
を考えて行動するべきだ」との答えで、安心・安全・大丈夫ばかりの医者が多い中、
ちょっとうれしく思いました。(S.T)

病院を詳しく知りたい方は以下のHPでどうぞ

手賀の杜クリニック
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

放射能NO!ネットワーク取手

Author:放射能NO!ネットワーク取手
取手は茨城県内でもホットスポットと呼ばれる放射能が非常に高い地域。
少しでも安心して暮らせる街を取り戻すため。市民レベルで立ち上がり、放射能汚染に立ち向かう活動をしています。

代表 本木洋子(児童文学作家)
事務局長 小泉眞理子(元取手市議)

顧問 久保田 護 氏 
(茨城大学名誉教授)
   青柳 長紀 氏 
(元日本原子力研究所研究員)
 
toride.nt.311アットgmail.com
※メールを送るときはアットを@に変換して下さい

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
カテゴリ
カウンター
リンク
最新トラックバック
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。